「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
深夜のスピーカーケーブル
e0171987_222020100.jpg
出張で疲れているのに…
いや疲れきってるからこそ、ストレス解消に夜中にケーブルを剥いたりします。

この間まで作ってたのは、スピーカーの高域と低域の端子を繋ぐための「ジャンパーケーブル」。
↓左が「Zonotone 6NSP-1100 Meister」で、右がもはや慣れ親しんだ「ベルデン8470」。
e0171987_22252543.jpg
こんな短い線でも種類によって出てくる音はかなり違って聴こえます。
作ったといっても皮膜を剥ぐだけなので何ということはないのですが、
仕上がりにこだわる割に、手先がかなり不器用なので指にケーブルダコ(豆?)が。。
e0171987_22293420.jpg
ジャンパーケーブルを用いたシングルワイヤリングもある程度聞き慣れたので、
いよいよ期待のバイワイヤリングにチャレンジ。
ケーブルはすっきりとした仕上がりにしたくてこちらのショップ
4芯線の「Zonotone 6NSP-4400S Meister」を注文。
e0171987_22352863.jpg
迅速な発送と丁寧な梱包、さすがのプロの仕上げに感動。そして、音にも感動中です。
[PR]
by higemega2 | 2012-07-31 22:37 | 音楽・オーディオ
電源ケーブル
e0171987_23242490.jpg
Soulnoteの製品は付属品からの交換を推奨していないみたいだけど、
電源ケーブルで実際に音が変わるのか「どうしても」知りたくなりました。
で、アンプの電源ケーブルをZonotoneの一番安い「6N2P-3.0Meister」にさっくり交換。
付属品よりひとまわり以上太く、値段は約8,000円(でも買う時は高く感じた)。
壁のコンセントにケーブル差し込むのに、こんなにドキドキしたのは生まれて初めて。

結論としてしっかり音は変化しました。
しかも自分にとって小さくないレベルで良い方に。
少し前に新品で手に入れた型落ち!?のスピーカー「KEF iQ30」
ビビるような印象のあった低音の出方が「ピチッ」と隙間が詰まって出る感じに。

しかし、低音の密度が出たら今度は高音の響きが気になったので、
付属のジャンパーケーブルを外して、余っていたベルデン8470を取り付け。
これも正解で、よけいな響きが消えて高音がぐっと聴きやすく変化。
手をかけて良くなるのは、精神的にかなり報われます。
(これの前のBOSE AM-5は、いくら手をかけても低音が出なかったので)

スピーカーケーブルは、Soulnoteの新ブランド「Fundamental」を使っていて、
それで何の問題も無いのですが、今度は「バイワイヤリング」に興味が出てきてるので
「どうしても」確かめてみたくなったらそのうち変えてしまいそうです。
[PR]
by higemega2 | 2012-07-28 23:46 | 音楽・オーディオ
JAZZ
e0171987_18284670.jpg
今まではSOULにFUNK。齢44にして、初めてJAZZを聞いてます。
好みが確定する前に色々と手を出してますが、100枚ほど聞いて早くも確定の傾向あり。
すばりピアノトリオ、ずばりビル・エバンス。
これは絵画で言うと日本人はルノワールやシャガールが好きと言うアレと同じなんでしょうか。
(自分もシャガールが好きなんでいいんですけど)

長い出張から帰ってシャワーを浴び、自室で寛ぐ夜のひと時。
耳に刺激が強いトランペットやサックスよりはこっちですね。
[PR]
by higemega2 | 2012-07-21 19:12
那須高原ロングライド
e0171987_2272021.jpg
山水閣の社長に誘われ、先週の土日はツーリング仲間と5人で
「那須高原ロングライドwith宇都宮ブリッツェン2012」へ参加。
大会前日はどうなるか危ぶまれた雨も朝には上がって奇跡の決行です。

1日100km以上を走ってた去年とはうって変わって、
今年は著しく走り込み不足の我々は、全部4つのコースから2番目に楽な
「那須高原コース」にエントリー済み。
殆どが平坦路とはいえ、久しぶりの50kmは実に辛かった。。
緩やかな傾斜でさえ、みっしり付いた贅肉には厳しかった。。

しかし爽やかな感動に包まれたこの大会。
途中から晴れ渡った青空の下で光り輝く高原の緑。
多数用意されたエイドステーションで頬張る新鮮なキュウリにトマト。
要所で完璧にナビゲートしてくれる地元スタッフの的確なサポート。
普段はカッチョマンの山水閣社長が、炎天下の下で一スタッフとして頑張ってたのも感激。
そして何よりも沿道から声援を送ってくれるご老人や子供たち。
まだ2回目の開催と聞いて驚きましたが、街と参加者が一つになれる素晴らしいイベントでした。
e0171987_22192597.jpg
無事完走できた後は、トランスポーターのハイエースをバックにバイクとメットで記念撮影。
来年はもう少し走り込んで上のコースに参加したいです。
[PR]
by higemega2 | 2012-07-09 22:24 | 自転車