人気ブログランキング |
<< 革 暖簾 >>
カテゴリー
e0171987_052993.jpg
良いものと、好きなものと、よく使うものの違い。

滑らかな諧調と繊細な描写で、本当に良いと思うレンズは「NOKTON 58mm」。
重厚な色味と諧調、彫りが深い描写で、心から好きだと思えるのが「Distagon 35mm」。
何だかんだと使いやすく、結果として良く持ち出すのは12-24mmと16-85mm。

これ以外の手持ちレンズも、概ね上の3つのカテゴリーに属するようです。
1.「良い」と思っていても「自分としては」あまり使わないってのは納得(?)できますが、
2.「好き」なのに使う回数が多くないのは、本当は好きじゃないんじゃ無いかと悩みます。
また、良く使うけど12-24や16-85が「好きか? 」となると難しいところです。
ちなみに、「1」の代表格がタムロン90mmで、「2」が85mm。
さて「COLOR SKOPAR」は、どこに落ち着くのでしょうか。
by higemega2 | 2009-06-16 00:06 | 風景
<< 革 暖簾 >>